いらっしゃいませ♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでくれてありがとう♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

Tag:スポンサー広告 

北国・横手と南国・沖縄の山内は意外にも似ていて驚いた その3

3.有名人と至近距離で知り合いになれる

さて、最後の共通項は「有名人」だ。

もちろん、互いの山内が有名人のゆかりの地であることもそうなのだが、ここでは「山内に住んでいれば有名人とごく近い距離で知り合いになれる」という点にスポットを当てたい。

まずは横手市山内。

横手市の山内が誇る有名人は、第一に誰が何と言ってもこの人だろう。

ゆうくん
「この人」と言われても誰やらさっぱりわからない似顔絵で申し訳ない

日本の音楽界に颯爽と現れた絶唱系シンガーソングライター・高橋優だ。
現在、CMソングやドラマ主題歌などで引っ張りだこの、今日本で最も注目されているアーティストだ。最新曲「花と太陽」はTBSドラマ「アリスの棘」の主題歌にもなったので、ご存知の方も多いと思う。

そんな全国区で有名人になってしまった優くんではあるが、彼はこの横手市山内で生まれ育った。
なので、「仕事でインタビューしたことがある」「高校の後輩だった」という知人や、間接的ではあるが「お父さんの一郎さんと友人で、優くんのサインをねだったことがある(結局大人の事情でGETできなかったらしい)」という知人が、半径数mの距離に結構存在しているのだ(ちなみに私自身も一郎さんとはラジオの仕事をしていた時に挨拶をしたことがある)。

「地元なんだからそりゃどこかしらにつながりはあるだろう」「知人の知人ってもはや他人じゃないのか」という声も否めないが、それにしたって「知人の知人の知人のそのまた親戚の3件隣の家の実家」ぐらいでようやく有名人につながるのが一般的であろう。それに比べたらこの範囲の狭さは異常である。

そういう意味では、もう一人の横手市山内出身の有名人も忘れてはならない。

ヘアメークアーティストの藤原美智子である。

みちこさん
実際は目がくらむほどに美しいお方です

ヘアメーク事務所『ラ・ドンナ』主宰。CM撮影や雑誌のヘアメイクを手掛けるほか、化粧品やファッションのアドバイザーとしても活躍し、美に関する著作も数多く発表している、大抵の女性なら誰でも知っている日本を代表する「美のカリスマ」だ。
某製薬会社のCMで「肝斑(かんぱん。顔にできるシミの一種)!」と言っていたあの方である。

藤原さんとは直接ご本人にお会いしたことがある(とはいえ一郎さんと同じく挨拶レベルだが)。
小柄なのだが、そこから湧き出る「美のオーラ」が凄まじく、容姿・生き方ともにとてもカッコイイ女性であった。
その時聞いた「どんな女性でも、美しさは作れます!」という彼女の言葉に衝撃を受け、しばらく濃いめの化粧をしていたところ、「アダムス・ファミリー」と言われたのも良い思い出だ。

しかしこれだけで「距離が近い」というつもりはない。

件の「肝斑!」のCMが流れていたころ、職場で「あの薬飲んだらシミ消えるだろうか…」と職場のお姉様方と話をしていたところ、たまたま聞いていた上司(♂)が「美智子も偉くなっちまって…」とボソッとつぶやいたのである。
呼び捨てですか?!あのカリスマを呼び捨てですか?!と女性陣の視線を一気に集めたその上司は、続けて「だって幼馴染だし…」と言い放ったのだ。その瞬間、上司の周りがハーレムになったのは言うまでもない。

その上司は私にとって直属ではなかったが、日頃から目をかけてくれて、今でも会うと必ず「アケヲ!」と声をかけてくれる方である。

「アケヲ!」と私を呼ぶように、藤原さんのことも「美智子!」と呼んでいたのだ。

もうそこに距離は存在しない。私はかの藤原美智子に並んだのである。

…さて。
気を取り直して、一方の沖縄山内。
沖縄全土に言えることのようだが、「芸能の街」と呼ばれているらしく、そこかしこにプロ並みの踊り手や歌手・三線奏者がいるのだという。
そんな土壌があるからなのか、まず「知り合いではないので、まずはごあいさつ程度に」と紹介された有名人のスケールが違う。

きなさんおれんじ
「ハイサイおじさん」の喜納昌吉(左)と、「上海ハニー」のORANGE RANGE(右)だぜ?!似てないだろ?!この似顔絵

喜納昌吉の「ハイサイおじさん」は、テレビの沖縄特集が組まれた日にゃ高確率でオープニングBGMに使われるほどの超有名曲だし、ORANGE RANGEの曲も、一時期耳にしない日がないくらいCMやテレビで流れまくっていたし、なんたって2組とも紅白出場経験者だ。

この2組は、山内にある「山内中学校」の出身なのだそうだ。

紅白歌手が2組も出た中学校なんて、文化祭とか軽くロックフェス状態なんじゃないか。
なにそれ行ってみたい。

さて本題の「身近な有名人」であるが、よしえさんが紹介してくださったのはなんと「娘さんの仲良し同級生」と「親戚」という、超ダイレクトな間柄の方々。
この方々も直接山内出身ではないが、山内出身のよしえさんの周囲数mの範囲にいる有名人ということでご紹介させていただこうと思う。

まず一人目は、娘さんの同級生・山田なづちゃん。
健康的な笑顔がとってもキュートな女子中学生だ。

よしあき・な~づ
右がなづちゃん。

このなづちゃん、実はあどけない容姿からは想像できない、驚異の歌唱力を持つ歌姫なのである。
イギリスのオーディション番組「X FACTOR」の日本版、「X FACTOR OKINAWA JAPAN」にて上位9組に入り、審査員からも大絶賛を浴びたその歌声がこちらだ。


何回聴いても鳥肌が立つ。なづちゃん、恐ろしい子…!

圧巻のステージ。これが女子中学生の歌声なのか。
そしてこんな超特大のダイヤの原石が「娘の同級生」って、沖縄はどんなことになっているのだ。

どこにでもいそうな中学生が、マイクを持った途端に激変するさまは、もはやスター性十分。
日本はおろか、世界進出することも夢じゃないかもしれない。
そうなったあかつきには、「Love Japan,Love Okinawa,and Yokote!」とワールドツアーの最終日に言っていただければ本望である。

頑張れ、なづちゃん!!

そして、二人目の「身近な有名人」はよしえさんの親戚の方。
実はこの方、すでに記事中の写真に複数回登場している。

シーミー
再掲しますが、この3人の中にいます

よしあき・な~づ
さっき見たばかりの写真ですが、この中にもいます

突然だが、私はお笑いが大好きだ。
本格的に興味を持ち始めてから20数年間、あらゆるジャンルのお笑いを見てきたが、その中でずっと気になっていた人がいた。
その人がテレビに出ると、私はいつも確実に笑ってしまうのだ。俗に言う「ツボ」というやつだ。
「爆笑オンエアバトル」に出れば歴代最高の25回オンエアを勝ち取り、「笑う犬の冒険」に出れば唐突に三線をかき鳴らし、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」に出れば「ブーブークッションに驚き本物のおならをする人」という斬新なネタを披露し、「アメトーーク!」ではジャッキー・チェンへの愛を熱く語るような芸人。

もうお分かりだろう。
その芸人さんこそが、写真の彼・元「ホーム・チーム」の与座よしあき氏なのである。

よしあき
本物の与座さんだーーーーー!!!

だもんで、よしえさんから与座さんの写真が送られてきた日の我が家はお祭りであった。
当初「親戚に芸人&俳優をやっている者がおりまして…」とだけしか聞いてなかったので、「なんか、沖縄ローカルのタレントってすっごいアクが強そうだよねぇ」などと勝手に妄想していたのが間違いだった。
送られてきたデータを最初に開いた夫たくや(同じくお笑い好き)が、「与座っ!与座よしあきだよっ!!よしえさんの親戚の芸人って与座だったよっ!あの『ホーム・チーム』のっ!いい意味で裏切られたっ」と唾を飛ばしながら叫びまくるわ、私も「ザザザザッ、ザザザザッ、ヨーザー?!」と図らずも与座さんのつかみネタのような噛み方をするわで大変だった。

この興奮がよく理解できない方のために補足すると、与座さんは、ウッチャンナンチャンや出川哲郎氏、いとうあさこ氏と同じマセキ芸能社所属の芸人さんだ。
元々は「ホーム・チーム」というコンビで活動していたが、惜しまれつつも解散。しかしその後はピン芸人として、さらには俳優としても精力的に活動されており(「医龍3」や「ちゅらさん」「どんど晴れ」といったメジャーなドラマにも多数出演!)、コントやドラマで見せるユーモラスな演技は、見た人の心を幸せにしてくれるのだ。
ご存知ない方も、この機会に是非与座さんを知ってファンになっていただきたい。絶対に損はないから。

それにしても、親戚に与座さん級の有名人がいるってどんな気分なんだろうか。
親戚とはいえ、シーミーで久しぶりに顔合せて、泡盛なんか飲んじゃったら、わたしは多分興奮と酔いですぐに倒れて病院送りになりそうなものだが。
「え、普通だよ」と平然としていられるのは、やはり周囲に多数の芸能者たちがいるから、耐性ができているのだろうか。

■横手山内と沖縄山内でコラボしたくなってきた

環境も気候もまるで正反対の横手市山内と、沖縄市山内。
名前だけしか共通点はないのかと思いきや、ふたを開ければ意外にも多くの共通点が存在していた。
それは驚きとともに、1800kmの距離を一気に縮め、より一層両山内について知りたいと思わせるきっかけにもなった。

うん、これはなんかコラボとかしたいね。

相違点とともに、類似点も多数存在する横手市・沖縄市の両山内。

全く異質のもの同士が起こす予測不能な化学反応のエッセンスと、似通った性質のもの同士による共感とが融合したら、かなり楽しいことになるんじゃないだろうか。

これは、是非実現してみたい。

ただし、「ソーキそばの上に豆富かすてらを乗せる」のは、共感はともかく、あまり楽しくない化学反応が予想されるのでやめとこうと思うが。

最後に、この記事を書くにあたって、お忙しい中たくさんの情報提供をしてくださったよしえさん、快く写真の使用を許可してくださったなづちゃんと与座さんには心から感謝しています。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

なんくるないさー
「なづちゃんはともかく、与座さんの写真はマセキ的に肖像権とか大丈夫なんですか」とよしえさんに確認したら、「本人了承済みだからOK!」とのことで、ここぞとばかりに貼りまくり。いい人オーラも出まくり。

(アケヲ)


スポンサーサイト
読んでくれてありがとう♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

Tag:コネタ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ
プロフィール

OFFICE WAY

Author:OFFICE WAY
ひょんなことから結成された、はいぱぁくりえいたぁ集団。
真面目な学習系セミナーからお笑いの舞台までオールマイティにこなし、地元秋田県横手市に笑顔をもたらすことを生業とする。
「真面目に馬鹿をやる」が座右の銘。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
ブログランキング参加中!  ぽちっと押してくださいな♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。