いらっしゃいませ♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読んでくれてありがとう♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

Tag:スポンサー広告 

横手の「地元スイーツ」イメージ改革作戦!~パッケージからのアプローチ~

ここ横手市には各種「地元スイーツ」が存在する。
しかし、積極的に購入するのは地元の中高年以上の方々に限定されてしまっているようである。

だからと言って、この層以外の人々がこれらの「横手スイーツ」を毛嫌いしているわけではなく、おじいちゃんおばあちゃんの家で出されたら真っ先に食い尽くすほどには好きなはずなのだ(それを人は「大好物」と呼ぶ)。

きっと「地元スイーツ」における様々なイメージが邪魔をしているのだろう。

ならば、そのイメージを脱却すれば、より多くの層の支持を得られるのではないだろうか。

実験してみることにした。

■「地元スイーツ」におけるイメージ

ここでいう「地元スイーツ」とは、主にこのようなものを指す。

IMG_1942.jpgIMG_1937.jpg
IMG_1938.jpgIMG_1932.jpg
おばあちゃんちや法事の集まりでしかあまりお目にかからないラインナップ

上の画像から、果たして皆さんはどのようなイメージを持たれるだろうか?

「高齢者のお茶請け用であり、若者が買うには恥ずかしい」「スナック菓子のように気軽に買えるものでもないが、かといって高級感があるわけでもない」といった、ネガティブな意見が大半を占めることだろう。

かくいう私も、「こういう嗜好の人だと思われたらどうしよう。年齢詐称って言われないかな」と、購入する際にちょっとした気恥ずかしさを感じたのは事実だ。
知り合いに見られたら「今日、実家で法事なんですよ~、それの買い出しに」と言い訳をしよう考えたほどである。

これではいかんのだ。

万人が気兼ねなく手に取ることができる「地元スイーツ」を見出さなくては。

■アプローチ方法

さて、食品のイメージを変えるとなると、やはり真っ先に「商品開発」ということが頭をよぎる。

しかし悲しいかな、私はフードコーディネーターのような高いスキルを持ち合わせていない上に、日々の献立にもヒィヒィ音をあげている始末である。
更にいうと、「変にこだわった開発をして原型がどこかにいってしまい、何をしたいのかわからなくなってしまった商品」なるものもたびたび目にしているため、下手に手を加えることもはばかられる。

どうしたらいいのだろう。

そんな中、テレビで某タレントが、ある地域に昔から伝わる駄菓子を食べて「おいし~!なにこれスイーツですよスイーツ!上等なスイーツですよ~!もったいないですよ~、これ、それなりの包装をしたら東京のお洒落スポットで確実に売れますって~」と力説していたのを思い出した。

おお、これだ!

パッケージを変えることなら、私にもできるかもしれない。

普段は「人は見た目が9割?ふざけんな!ちゃんと中身で判断しろ!」と憤っている私であるが、ここは見た目の印象操作で新たなイメージを付与していこうではないか。

■パッケージングで意外な効果がもたらされる

繰り返しになるが、端的に「地元スイーツ」の問題点は、

・若者向けではない
・お手軽感の欠如
・高級感の欠如

という3点に集約されるようだ。

では、これらの問題解決に焦点を当ててパッケージングをしてみよう。

1.干しもちの場合

干しもちとは、その名の通り、餅を寒気にさらして製造したもの。
保存食であると同時に、揚げたものに醤油や砂糖で味付けをすれば、おかきやかりんとうのような素朴な味わいが楽しめるという、横手ではとてもポピュラーな一品である。

IMG_1944.jpg
私は軽くあぶっただけのものが好き。最初は味がしませんが、噛んでいくうちに米本来の持つ甘みが口いっぱいに広がります

では、これをパッケージングしていこう。

IMG_1946.jpg
たとえばこんな風に

おお!
なんだかお洒落なクッキーみたい!
オーガニック素材にこだわった店でおいてそうな雰囲気だぞ!

しかも小分けにしたので、これなら「ちょっと小腹がすいたときに」という感覚で、若者も気軽に手に取りそうだ。

そうそう、クッキーと言えばホワイトデー(もうとっくに終わったけど)。

もうひと手間加えて、プレゼント用にしてみよう。

IMG_1968.jpg
この中には
IMG_1966.jpg
愛と干しもちが詰まってます

うぉぉぉ、女子歓喜!
見事に「地元スイーツ」の持つ古臭さが一掃され、青少年が率先して彼女へ買ってあげたいフォルムへと変貌した。
ここでは高級感を抑え目にした分、お金のない若者にとって、手にするまでのハードルは低くなっているのではないだろうか。

何も言わずにあげたら、きっと世の女子たちは「なんかヘルシーな味わいの、新感覚スイーツだね」とか言い出すんじゃないか。

IMG_1956.jpg
食べなれた新感覚スイーツ

2.豆富カステラの場合

各種ご当地番組やインターネットで紹介され、徐々に知名度を上げつつある横手の地元スイーツ「豆富カステラ」。
小麦粉の代わりに豆腐を使用し、卵や砂糖を混ぜて焼き上げたものである。
その味については「甘い豆腐」という感覚に慣れない諸氏にとっては賛否両論別れるところであるが、我々横手市民にとっては冠婚葬祭や正月など、特別な日に供する神聖な食品なのである。
名前を「豆腐」ではなく「豆富」にしているのもそのためだ。

IMG_1937.jpg
だけど売ってる様はあまり神聖ではない

もちろん、日頃のお茶請けとしても大活躍の「豆富カステラ」だが、ここは特別感をアップするために、このようなパッケージングにしてみた。

IMG_1961.jpg
字がよれよれなのは勘弁してください
IMG_1963.jpg
ロールケーキが入っていた箱にジャストフィットしたことに驚愕

特別な日に、特別な思いを伝えるべく、特別な食品を贈りたい。
そんな思いがこのひと箱にはあふれかえっている。

それまで味に違和感を感じていた人にとっても、このパッケージングによって「これは滅多なことでは口に入れることのできない貴重な食べ物なんだ」というフィルターがかかり、きっと美味しくいただくことができるはずだ。

地元の顧客層拡大はともかく、全国展開を視野に入れたプロモーションとしては最適なのではないか。

3.やきもちの場合

「やきもち」は、餡をくるんだ餅の両面を焼いたもの。

IMG_1935.jpg
きっとどこかで一回は目にしているはず

きっと全国各地にこの手の菓子は存在するだろうということで、横手の「地元スイーツ」として定義するには多少のためらいもあったのだが、今回は参入させることにした。

私がこれまでの人生で出会った「やきもち」の中で最高峰に位置するものだからだ。

IMG_1969.jpg
なんたってでかいし
IMG_1971.jpg
餅も餡もおいしいし、この比率の絶妙さ!

とにかくでかい。
1個で1食まかなえるほどにでかい。
そして餡と餅。
外側は餅の層を厚くし、中央部は餡の層を厚くしているので、それぞれのうまさが時間差でドガーンドガーンと押し寄せてくる。
餅好きの人にも餡好きな人にも好まれる、計算し尽くされた形状になっているのだ。
そしていわずもがな、味もパーフェクト。
種類もノーマル・かぼちゃ・むらさき芋とバラエティ豊かだ。

でも悲しいかな、食べられるのはここ横手でだけなのである。

もっと多くの人に知ってほしい、足を運んで食べてもらいたい、あわよくばおみやげとして日本各地に伝播してほしいという私の思いから、勝手に「地元スイーツ」としてプロモーションしてみることにした。

IMG_2001_20140323091855422.jpg
風呂敷にくるんだだけで高級感
IMG_2002.jpg
無地だった箱に自作の短冊を貼り付けて
IMG_2003.jpg
どどーん!!

イメージは「京都あたりの茶道の大家が、結構なお手前のお茶とともに提供する高級茶菓子」である。
風呂敷の時点で「どすえ~」という声が聞こえてきそうだが、箱に付けた「まごころ」の短冊でもはんなり感を増長させてみた。
これが「情熱」とか「勇気」とか「漢」とかだったら、きっとこのしなやかさは創出できなかっただろう。
「やきもち」を作ってくださったお母さんの気持ちと、贈り手の「おいしい物を届けたい」というダブルミーニングもあり、この「まごころ」という言葉のチョイスは成功だったと思う。

そして中身も、本来なら10個ぐらい詰めてみたかったのだが、上品さを優先させ、6個に抑えてみた。
ただしこれは、そもそもの大きさが大きさだったので、結果的に6個しか入らなかったというのが現実なのだが。

いやしかし、これだったら紀伊国屋あたりでも通用するんじゃないか。

ちなみに私が購入したのは、みんなのお友達イオンだ。

紀伊国屋レベルの菓子がイオンで手に入る幸せを、横手市民は喜ぶべきなんじゃないだろうか。

4.寒天の場合

さてトリは、横手名物の各種寒天である。
こちらもご当地番組やネットなどで「横手市民はなんでも寒天にして食べる」と紹介されて以来、全国的に認知されてきている「地元スイーツ」である。

IMG_1938.jpg
チームぷるぷる

ゼリーとかプリンがスーパーの棚を所狭しと占拠している現状を見ても、人々は「ぷるぷるとした甘い物」が好きなはずなのだ。

だけどどうだろう。

もし日曜日のスーパーで「よぉし、パパがお菓子を買ってあげよう」と寒天売り場に連れて来られたら、子供はすごく微妙な顔をするはずだ。

嫌いじゃないんだ、きっと美味しいんだ、でも日曜日の昼下がりに四角い寒天をもそもそと食うのもなんか違うだろう、という心の叫びが聞こえてきそうだ。

親子水入らずの素敵なティータイムを創出するためにはどうしたらいいのだろう。

IMG_1984.jpg
形を変えちゃえばいいんですよ

「下手に手を加えたくない」と言っておきながら何だよ!と言わないでほしい。
これはあくまでも「寒天を熱して溶かしている」だけの作業であり、味には一切の手を加えていない。

IMG_1988.jpg
ごまの寒天はセメントっぽくなってしまった
IMG_1990.jpg
たまご寒天はあまりのたまご密度の高さに「私スクランブルエッグ作ってるんだっけ?」と錯覚してしまうほど

子供が食品に触れる際に重要なのは、見た目の楽しさだという。

だったら、この無機質な四角形の寒天を一端に煮て溶かし、再度冷やして新たな形状にしてしまえばいいのではないか?というのが私の導き出した結論なのだ。

IMG_1993.jpg
これらを容器に入れて、冷蔵庫で再度冷やし固めます
IMG_1999.jpg
するとね、ちゃんと固まるんですよ。斜めにしても液がこぼれない

こうして、新たな形に変貌した寒天たちに、もうひと手間加えるとこういうことになる。

IMG_2007_20140323094525c56.jpg
「有名パティシエの店でおやつを買ってきたぞー」
IMG_2021.jpg
「えーなになにー?ゼリーだ!!かわいい!!(実際は寒天です)」
IMG_2022.jpg
「あたち、くるみがいい!」
IMG_2024.jpg
「ママは美容と健康のためにゴマを。」
IMG_2023.jpg
「じゃあパパはたまごだ!(なんだこの気持ち悪い生物のイラストは…)」
IMG_2020.jpg
「プリップリちてる!超プリップリちてる!あまいよパパ~!」

よかった、パッケージングの力で家族の平穏な時間は守られたのだ。

お父さんとお母さんは、実家の祖父母の柔和な笑顔を思い出し。
子供はかわいいカップに入った、プリンでもゼリーでもない未知の味に興奮し。

それぞれがそれぞれに思いを馳せるティータイム。

なんと優雅なことだろうか。

というか、どこの誰なんだこの一家は。

■みんなで食べよう「地元スイーツ」

というわけで、やや強引ではあったが、横手の「地元スイーツ」に新たなイメージを植え付けることができた。

「問題点の洗い出し、そしてちょっとした発想の転換と工夫次第で、物事のいろんな側面を見出し、その魅力を伝達する」というのが私の信念であるが、今回はそれがより一層具現化された形となった。

これで、おじいちゃんおばあちゃんに買い物に行かせるという手間をとらせることなく、自らの手で「地元スイーツ」を手に取り、食す時代がやってくるはずだ。

さぁ、老いも若きも思う存分買うがいい!食すがいい!!

「地元スイーツ」の未来は明るい!!

IMG_2026.jpg
思う存分買い過ぎてしまった結果(この後実家へおすそ分けしに行きます)

(アケヲ)
スポンサーサイト
読んでくれてありがとう♪ブログランキング参加中♪ぽちっと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ

Tag:コネタ  Trackback:0 comment:2 

Comment

ちぃたん♪ URL|
#- 2014.03.23 Sun18:01
お久しぶりです(^-^) 素朴な地元のお茶うけが、パッケージで高級になったり、オシャレになったり(^-^) いいと思います!(^-^)
OFFICE WAY(アケヲ) URL|
#- 2014.03.23 Sun21:44
ちぃたん様
お久しぶりです( ´ ▽ ` )ノ
いつもありがとうございます☆
今回は、ノリと勢いでやった割には、それなりのものができて驚きです( ̄▽ ̄)
これを採用したいという奇特な方、募集中ですw
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
ようこそ
プロフィール

OFFICE WAY

Author:OFFICE WAY
ひょんなことから結成された、はいぱぁくりえいたぁ集団。
真面目な学習系セミナーからお笑いの舞台までオールマイティにこなし、地元秋田県横手市に笑顔をもたらすことを生業とする。
「真面目に馬鹿をやる」が座右の銘。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ブログランキング参加中!  ぽちっと押してくださいな♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 横手情報へ
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。